CROW DOG PRODUCT

bana1.gif LEATHER & SILVER CRAFT             

Our Product 

HANDMADE SILVER CONCHA

 
sv01.gifウォレット・バッグ等に使用する925シルバーコンチョです。タガネを使用したスタンプワーク、打ち出し、リポーズ、石留めなど一つ一つをハンドメイドで制作しています。たくさんの方に一つ一つ渡していく物だから、悩み続けて一つのデザインに絞り込んだその人の思いがあるから、一つ一つに命を吹き込みます。鋳造品(キャスト)とは違う温もりのある仕上がりは、定番の物からオーダーの物まで革作品にあわせた一点物としてお楽しみ頂けます。
 

MAKING SILVER CONCHA

sv02.gif sv03.gif sv04.gif sv06.gif 
STMP WORK                                                                      EMBOSSED WORK
 
sv07.gif sv08.gif sv09.gif sv10.gif 
                               CUTTING                  FORMING
 
sv11.gif sv12.gif sv13.gif 
BRAISING                  POLISH
 

SADLLE LEATHER ITEM

 
material02-1.gifCROW DOGのサドルレザー(多脂ヌメ革)アイテムは昭和12年創業の国内老舗タンナーのベンズレザーを使用しております。ベンズレザーは原皮・北米産ヘビーウェイトステアハイド(厚み5㎜〜6㎜)、ベリー(腹部)ショルダーを取り除いた最良部のみの下地を
ミモザのタンニンエキスでなめし、さらにケブラチョの木質部から抽出されたタンニンエキスで約50日間じっくりなめし込み、動物脂をたっぷりと含ませた革です。 タンニンがしっかりと繊維に吸着し、多量の脂を含んでいるのにそのコシ感は損なわれることなく
                  経年変化による味わいのあるエイジングが楽しめます。

MAKING SADLLE WALLET

sa02.gifsa03.gif●Trace 
型入れは繊維方向とパーツの収まりを考えての作業。ベンズレザーは皮革最良部分を残し縁ばらいされているので鹿革に比べて型入れがしやすいが、皮革単価が通常の倍と高価なため少しのミスも許されない。
 sa19.gif 
●Make Leather
革同士が重なり合う部分や、アイテムによっては折り曲げる部分などに革漉きを行い厚みを調整します。漉き方や厚みなどは各箇所異なり、耐久性や仕上がり具合など考慮した上で慎重に進めます。
 
sa06.gif 
●Back Kote
革裏面の毛羽立ちを落ち着かせるため、水性コート剤を塗り込み木ブロックやガラス板を使って水分が無くなるまで擦りながら慣らします。表面がコーティングされ艶のある美しい裏面に仕上がります。
 
sa04.gifsa05.gif ●Cut Leather
革包丁で型通りに裁断をしていきます。組み合わさる各パーツの縦横のサイズや直角、カーブのラインを正確にカットする事で後作業がスムーズに進みます。この段階で仕立てに関する仕上がり具合が決定します。
 
 sa07.gifsa08.gif●Stick Leather 1
裁断済みの各パーツを仮留め(貼り合わせ)する作業。少しのズレも無いように正確に行います。型紙と裁断が正確であればスムーズに進みます。ボンドは薄く塗っても剥がれない様な工夫が必要です。
 
sa10.gifsa14.gif●Hand Sawing 1
ディバイダーやグルーバーなどでガイドラインを引き、菱目打ちで穴をあけ手縫いをしていきます。貼り無しで目数を合わせ縫い目を作ることもしばしば..、縫い糸にはローを引き丈夫にします。
 
 sa09.gifsa11.gif●Stick Leather 2
組み立てには張り込みと縫い付け(途中にコバ磨きもありますが)が交互に行われます。革を貼り付けるには圧着が不可欠、平らに貼り付けるだけでなく革を曲げながら貼ったりもします。 
 
sa12.gifsa15.gif●Hand Sawing 2
再び手縫いの作業、各アイテムごとに組立ての順番は異なりコンチョを途中で取り付けたりもします。デザインや型紙を構想、制作する段階で組み立て方はすでに考えられています。立体に起こす事が可能である                       かどうかは確かな経験と技術が必要です。
 
sa16.gifsa17.gif●Edge
仕上げ作業の前段階ではコバ漉きとヘリ落としを行います。裁断、貼り合わせ、縫製がしっかりと行われていればスムーズに進みます。コバ漉きにはカンナ意外に革包丁も使用します。
 
sa18.gif●Edge Kote
コバ磨きには水性コート剤を塗りこみスティックやウエス、ヘチマなどを使用して磨きます。ベンズサドルレザーは革の繊維層が非常に密なので水分があればコート剤を使用しなくても磨く事が可能です。何年使用してもコバがボソボソになり難いのも、繊維がしっかりしている証拠です。
 
jhon-wallet-N01.gif 
 
●Finish
コンチョやホック、金具など取り付けて完成します。加脂や磨き、型クセ付けなども行います。
 

LEATHER DYED

 
IMG_1115.gifベンズ・サドルレザーの色物は、手染めで染色を行っています。染革(タンナーで染めた革)では再現する事の出来ない微妙な色バランスを思い通りに作りあげ、色むら、ぼかし、グラデーションなど革の表情を最大限に引き出す工程です。使用する事で手で染め上げた革の極上なエイジングが楽しめます。
(注)手染めの良さを充分に引き出すため、ラッカー等の仕上げ、色止めは一切行なわず、独自で開発した色止めをしておりますが、使用開始からしばらくは発汗や水濡れにより多少の色落ち色移りがございます。                                                                                                             *3years later

DYED COLOR 

IMG_1500.gif IMG_1499.gif IMG_1507.gif IMG_1512.gif 
 
color02.gif color03.gif color04.gif color05.gif color06.gif color07.gif
brown            red brown      dark brown     black            dark red        antique orenge   

DEERSKIN ITEM

 
material02-2.gifCROW DOGでは創業120年の歴史を持つ国内老舗タンナーの鹿革を使用しております。鹿革はとてもしなやかでボリュームがあり、他の革に比べても耐性に優れております。中でも厚みがあるものに関しては120枚に1枚という割合になり、この限られた素材を厳選し使用しています。また作品のコンセプトに合った鞣しの革を使い分ける事によりそれぞれの感触や味わいを楽しむ事が出来ます。バックにはよりしなやかに自然な状態で使用出来る鞣しの革を、財布にはしなやかさに加え艶が増しより使用感を伺わせる鞣しの革を、それぞれ使い分けております。鹿革作品については革の性質上全て手縫いのみの制作となっており、シニュー(動物の腱を裂いて糸状にしたもの)を模したナイロン製の糸を使用する事でしなやかさを活かした作品に仕上がっています。
 

MAKING DEERSKIN BAG

ds03.gifds04.gif●Trace & Cut Leather
型入れは繊維方向とパーツの収まりを考えての作業、鹿革は歩留まりが低く使用出来る場所が限られているため、次に制作する物を予測して裁断します。伸縮の少ない作品作りの重要な第一段階。
 
ds01.gifds02.gif ●Cut Deerskin Lace
ディアスキンレース(鹿革紐)は背中(皮革最良部)を中心にフリーハンドで裁断、革の特性上ガイドは使用不可。また機械で裁断した物、素材として市販されている物は革の部位が不明瞭なため耐久性に疑問がある。
 
ds05.gifFlap
メディスンバックなどの顔となる切り端のふたは革の自然な形を使用している。裁断済みのパーツと本番用もしくは代用のコンチョなどを合わせ、完成型のイメージをしながらふたを裁断する。その時の素材と思うがままに進める知識と経験だけではこなせない作業。
 
ds06.gifds07.gif●Hand Sawing 1
菱目打ちで穴をあけシニューで手縫いをしていきます。鹿革は革の繊維層が特殊なため縫製があまいと使ううちに縫い目が開いてきます。力まかせに強く引きすぎても作品の形状が崩れてしまいます。
 
ds08.gif●Hand Sawing 2
厚手の鹿革を貼り合わせ、更に伸縮に強い構造にするため厚い断面と格闘する事は日常茶飯事。時には菱目打ちも届かない極厚の断面、手では針が抜けない、幾度と針が折れるなど様々です。
 
 
ds09.gif●Braid & Lacing
ハンドカットしたレースを編み込んでいきます。鹿革紐は最良部分で取った物でも若干の伸びがあるので、使用経過を想定し長さを調整します。レースを使用したハンドステッチはネイティブのクラフトでもよく見かける物、簡単に見えること単純な事だからこそ難しい、装飾的にならない事や考え過ぎない事も重要。 
 
ds11.gif IMG_1921.gif 
 
●Finish
お好みのコンチョやビーズなどを取り付けて完成します。バランスを見ながら現物あわせの作業、初期の段階では行いません。仕上げ、飾り付けなどと呼んでいます。

bar02.gif 

CROW DOG    齋藤宏幸

武蔵野美術大学デザイン科卒業後、手作り革小物"CROW DOG"をスタート。個人ブランドとして製作をする傍ら、革鞄の工房やメーカー勤務を経て30歳で独立。様々な革の魅力を生かしたオリジナルな作品を追求し,オーダーメイドにてお客様に心から満足して頂ける、世界に一つだけの「モノ」を制作している。

CROW DOG 掲載誌 


 gb8.jpg

Girls Biker2009年5月



 item48361p1.jpg

Lightning2009年4月


01335-02-2008.jpg

装苑2008年2月


7838_1.jpg

SAMURAI2008年9月


51QmkHFzqZL._SS500_.jpg

「Landreaall」第9巻
おがき ちか

51iI+MGv2HL._SS500_.jpg

「Landreaall」第12巻
おがき ちか